楽天モバイル

ポケットWiFi提供会社まとめ
ポケットWiFi提供業者としての特徴

docomoの回線を使ったMVMOサービスとして、ポケットWiFiサービスも提供している楽天モバイルの特徴やプランの内容、口コミや評判などをまとめました。

幅広い料金プランのなかから自分にピッタリのプランを選べる

楽天モバイルでは、「データSIM契約」をしたSIMカードをモバイルルーターに挿入することで、いつでもどこでもインターネット通信を利用することができます。SIMカードと端末を同時購入することもできますし、SIMカードのみ契約することも可能です。端末を同時購入しないのであれば、毎月SIMカードの通信量に応じた利用料だけでインターネットが使えます。

データsimの料金プランは、基本料金525円のベーシックプランから月々30GBまでインターネット通信を利用できる5,450円のプランまで、なんと6種類。たくさんデータ通信を利用する人はもちろん、普段外出先でほとんどネットは使わないものの、いざというとき通信できないと困るという人にも対応しているのです。

また、通話ができる「通話SIMプラン」、050からはじまる電話番号が付与され、SMSが利用できる「050データSIMプラン」もそれぞれ通信量ごとに6種類用意されています。MVMOとしてのプランの幅広さなら、業界でもトップクラスといって良いでしょう。

キャンペーンの種類が多く、楽天ポイントも活用できる

楽天モバイルを運営しているのは、国内屈指のネット通販サイトを手がける楽天株式会社です。多種多様なキャンペーンと組み合わせたお得な通信プランをいくつも提案しています。

SIMプランについても、不定期でキャンペーンを行っているので、タイミングさえ良ければ通常よりずっとお得にポケットWiFiを導入することができます。

ほか、全国に店舗を展開しているため、もし何かトラブルがあった場合でも手軽に問い合わせることができるというのも、嬉しいポイントです。

既に楽天カードを持っている、よく楽天を利用しているという方には特におすすめの業者と言えます。

なお、キャンペーンは不定期で入れ替わります。契約時は必ずその時点で実施されているキャンペーンを調べてから申し込むようにしましょう。

楽天モバイルの主なプラン

ベーシックプラン

1機種
Aterm MR05LN、HUAWEI E5577
2料金
525円/月+端末代
3契約期間
なし
4月間通信上限
なし
5プランのポイント

ベーシックプランは楽天モバイル最安のプランです。月間通信上限なしで格安なサービスと思った方もいるかもしれませんがこのサービスは無制限の代わりに最速200kbpsとなっているプランになります。常に速度制限がかかっているというイメージです。スマホは連絡手段程度にしか使用しないという人には

6契約種別
契約種別 契約期間 月々の料金 説明
ベーシックプラン 期間条件なし 525円/月+端末代 SIMカードだけであれば525円から契約することができます。端末代は「HUAWEI E5577」であれば月々441円、「Aterm MR05LN」月々985円が追加されます。トータル1000円程度でポケットwifiの契約ができるプランです。

3.1GBプラン

1機種
Aterm MR05LN、HUAWEI E5577
2料金
900円/月+端末代
3契約期間
なし
4月間通信上限
3.1GB
5プランのポイント

月々3.1GBのデータ通信が利用できるプランです。3GBはだいたいYouTubeで8時間、LINEで150回送信、サイト閲覧1万ページほどで使い切る容量です。いまいちイメージしにくいかもしれませんが、普通に使う分にはそこまで問題がない容量と言えます。動画などを視聴する人は少し物足りないです。

6契約種別
契約種別 契約期間 月々の料金 説明
3.1GBプラン 期間条件なし 900円/月+端末代 3.1GBのデータ通信を契約期間なしで、月々900円から利用できるプランです。端末代は「HUAWEI E5577」であれば月々441円、「Aterm MR05LN」月々985円が追加されます。1,500円から2,000円ほどで契約できるお手軽プランです。

5GBプラン

1機種
Aterm MR05LN、HUAWEI E5577
2料金
1,450円/月
3契約期間
なし
4月間通信上限
5GB
5プランのポイント

月々5GBのデータ通信が利用できるプランです。5GBとはだいたいYouTubeは140時間、huluでの映画視聴は11本分で使い切る容量です。多少動画を見ても大丈夫そうです。ただ毎日気にせず動画を見たい人には少し足りないかもしれません。

6契約種別
契約種別 契約期間 月々の料金 説明
5GBプラン 期間条件なし 1,450円/月+端末代 5GBのデータ通信を契約期間なしで、月々1,450円から利用できるプランです。端末代は「HUAWEI E5577」であれば月々441円、「Aterm MR05LN」月々985円が追加されます。2,000円から2,500円ほどで契約できます。5GBのなかでは安い方です。

10GBプラン

1機種
Aterm MR05LN、HUAWEI E5577
2料金
2,260円/月
3契約期間
なし
4月間通信上限
10GB
5プランのポイント

月々10GBのデータ通信が利用できるプランです。YouTubeだと1日10時間、huluで1日1本映画を見ても大丈夫です。ただDAZNやパリーグtvなどスポーツ観戦ができるサービスは容量が多いので足りなくなるかもしれません。

6契約種別
契約種別 契約期間 月々の料金 説明
データ10GBプラン 期間条件なし 2,260円/月 5GBのデータ通信を契約期間なしで、月々2,260円から利用できるプランです。端末代は「HUAWEI E5577」であれば月々441円、「Aterm MR05LN」月々985円が追加されるのでトータル3,000円前後で契約できます。

20 GBプラン

1機種
Aterm MR05LN、HUAWEI E5577
2料金
4,050円/月+端末代
3契約期間
なし
4月間通信上限
20GB
5プランのポイント

月々20GBのデータ通信が利用できるプランです。20GBというとYouTubeで600時間分ほどLINEの送信は約1000万回分となります。普通に生活している場合使い切るほうが難しい容量です。

6契約種別
契約種別 契約期間 月々の料金 説明
20GBプラン 期間条件なし 4,050円/月 20GBのデータ通信が、契約期間なしで利用可能。月々4,050円から利用できるプランです。端末代は「HUAWEI E5577」であれば月々441円、「Aterm MR05LN」月々985円が追加されるので4,500円から5,000円ほどで契約できます。他社の無制限プランと比べると少し高めです。

30GBプラン

1機種
Aterm MR04LN AB、Aterm MR05LN
2料金
5,450円/月
3契約期間
なし
4月間通信上限
30GB
5プランのポイント

月々30GBのデータ通信が利用できるプランです。30GBを使い切るには外出用というより普段使いとして動画やゲームなどすべての通信をまかなうというレベルです。

6契約種別
契約種別 契約期間 月々の料金 説明
30GBプラン 期間条件なし 5,450円/月 30GBのデータ通信が、契約期間なしで利用可能。月々5,450円から利用できるプランです。端末代は「HUAWEI E5577」であれば月々441円、「Aterm MR05LN」月々985円が追加されるので6,000円から6,500円ほどで契約できます。家でも外でも利用すると考えれば安いかもしれません。

楽天モバイルのオプションプラン

月1回までなら無料でプランの変更も可能

楽天モバイルでは、毎月の1日から25日までに手続きをすれば手数料無料で通信プランを変更できます。変更した料金プランは翌月1日から反映されるので、その点だけは注意しておきましょう。手続きそのものは「メンバーズステーション」という楽天会員用のサポートページでできるため、どこかの店舗まで足を運ぶ必要はありません

楽天モバイルでは、月末までに使わなかった通信量を翌月に繰り越して利用することもできます。「今月はあまり通信しなかったから、来月への繰り越し通信量がかなり余っている」というような場合には、翌月は金額の安いプランに変更する、といった柔軟な対応をすることで利用料金を最低限に抑えることができます。

余った通信量を繰り越すことができる「データシェア」(100円/月)

「データシェア」というサービスを利用すれば、家族や友人間でも余った通信量を分け合うことができます。たとえば、両親が楽天モバイルのポケットWiFiを20GBプランで契約しており、子どもが3.1GBの通話SIMプランを契約しているとしましょう。両親がポケットWiFiを使っていて月末に15GB余った場合、子どもに余った繰り越し分をわけると、子どもは翌月実質18.1GBまで速度制限や追加料金なしでデータ通信ができるのです。

楽天モバイルでは家族での利用や契約の追加で料金が安くなるキャンペーンを行っているので、うまく組み合わせれば一人で楽天モバイルを契約するよりお得になります。ちなみに、自身の余った通信量を繰り越すのは無料でできますが、データシェアサービスを使うためには別途申し込みを行い、毎月100円支払わなければなりません。

VOICE01

料金についての口コミ評判

とにかく安い!

キャリアの携帯を使っていたときより、半額近く安くなりました。料金のぶんサポートの弱さなどのデメリットもありますが、自分であれこれ調べる手間を惜しまない人には最適な業者だと思います。

VOICE02

料金についての口コミ評判

ふくらみがちな通信費をまとめて節約できました

音声通話ができるSIMなどと組み合わせて、月々の通信費をかなり圧縮できました。確かにキャンペーンの適用条件やトラブル時の対応など戸惑う場面もありますが、一年間にそう何回もトラブルなんて起こりません。長い目で見れば節約した通信費でちょっとした贅沢ができるくらいにはお金が浮くので、今後も使いつづけようと思います。

VOICE03

繋がりやすさについての口コミ評判

地下や建物のなかでも快適

さすが、docomoの回線を使っているだけあって電波のつかみはばっちりですね。外出時に持ち出していろいろなところで使っていますが、車での移動中にストリーミングサービスで音楽をかけたり、地下にある飲食店で調べ物をしたり、電車に乗ったりしていても通信が途切れることはありませんでした。

VOICE04

繋がりやすさについての口コミ評判

動画など重いコンテンツの視聴には不向きかも

SNSの利用や調べ物程度ならサクサク読み込んでくれるので、問題は感じません。ただ、時間帯によっては通信量の大きな動画などでは厳しい部分もありますね。とはいえ、動画などのコンテンツは外ではなく家で楽しめば問題ありませんし、オフライン視聴できるようにしておけば通信速度の引っかかりも関係ないので現状には満足しています。

VOICE05

対応についての口コミ評判

サポートには期待しないほうがよいかも

料金が安いから仕方のない部分もあると思いますけど、サポートはちょっと雑というか、丁寧さが足りない感じです。受け付け時間も24時間ではありませんし、わからないことがあってサポートに電話してもなかなか繋がりません。使っている人が多いため、自分で調べると大抵の問題には対処できるので最近は自分で調べるようにしています。

楽天モバイルの回線

現在はdocomo回線を使用

楽天モバイルは、docomoの回線を利用しています。3大キャリアと呼ばれる電話サービスのなかで、通信エリア・通信速度ともに安定していて信頼性が高いdocomoの回線を利用しているため、混雑している場所や地下鉄内等の電波が不安定な場所でも安定的に通信ができることが大きな強みです。

とにかくどこでも通信できるという点で、楽天モバイルはポケットWiFiとして理想的な業者のひとつと言えます。

2019年からは独自回線の利用も計画中

本来、通信回線はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの独占でした。しかし、2017年に楽天が「第4の携帯キャリア」になるため総務省へ電波の割当を申請しています。

借り物の回線でサービスを提供するより、自社の回線に付加サービスを乗せて提供するほうがビジネス的にも自由度が高くなります。あらゆるサービスを自社や傘下グループで行っている楽天が通信回線を手に入れれば、今後ますます幅広い契約プランやキャンペーンが実施されることでしょう。

実際に、2018年の1月10日には新しい携帯電話事業用の会社として「楽天モバイルネットワーク」が設立されており、楽天は電波の割当を受けるのを待つばかりの状態になっています。

まとめ

楽天モバイルの評判

楽天モバイルは、大手インターネット通販の楽天を親会社にもつサービスです。docomo回線を利用しているので対応エリアが広く、データ通信に限って考えると料金プランも通信料ごとに決めるだけなので、非常にシンプルといえます。とくに、あまり外出先でネット通信をしない人にとっては大幅に通信費を節約できる業者です。契約上の2年縛りも基本的にはなく、月々540円から契約できるという手軽さも大きな魅力でしょう。

また、SIMカードの契約だけでなく、ポケットWiFi本体の購入やタブレット、スマートフォンの購入と合わせてお得に契約できるキャンペーンなども行っているので、契約する前にぜひ確認しておきたいところです。

通信が途切れる、遅い、サポートが弱いといった口コミもありますので、まずは自分で調べて対処する、自分の使い方に適した端末を選ぶ、といった姿勢で対応することも大切でしょう。2019年からは自社電波を使っての携帯電話事業参入も計画しているため、通信速度やつながりやすさの面でも改善が期待できるかもしれませんね。

会社の基本情報

会社名

楽天株式会社

設立

平成9年2月

本社住所

東京都世田谷区玉川一丁目14番1号

データー無制限で選ぶなら

ドコモ(Xi)回線のおすすめプラン

エリアカバー率No.1とされているドコモの回線を使用しているwifiでおすすめのプランです。

オンリーモバイル
プラン名:使い放題プラン
月間料金:3,900円
月間容量:無制限

オンリーモバイルはXi回線を使用しており地下や建物内などでも繋がりやすくなっています。また月額も無制限プランで4,000円以下、キャッシュバックもあるためとてもお得です。

容量で選ぶなら

WiMAX回線のおすすめプラン

エ無制限プランに定評のあるWiMAX回線を利用しているwifiのおすすめプランです。

WiMAX
プラン名:UQ Flat ツープラスギガ放題プラン
月間料金:3,696円
月間容量:無制限

WiMAXは無制限プランに定評があります。月間が無制限なだけでなく3日間の制限も10GBと大容量のためほぼ制限がかかりません。

安さで選ぶなら

月間料金の安いおすすめプラン

相場が4000円前後とされるポケットwifiで月間料金が3000円以下でおすすめのプランです。

C mobile
プラン名:5GB制限プラン
月間料金:2,800円
月間容量:5GB

C mobileは月額3000円以下でポケットwifiが手に入れられるという商品です。容量は5GBと少なめですが、外出の際に補助的な役割で使用するのであれば問題ありません。