Different Tethering

テザリングとの違い

ポケットWiFiについての基礎知識
テザリングとは?基本知識とポケットWiFiとの違い

テザリングというのは、スマートフォンを使ってほかの端末をインターネットに繋ぐ便利な機能です。しかし、その機能にはメリットだけでなくデメリットも。テザリングがポケットWiFiの代わりになるのかどうか、基本的な仕組みなどとともにに解説しています。

テザリングとは

スマートフォンをモバイルルーター化できる便利機能

テザリングとは、手持ちのスマートフォンをモバイルルーター(=ポケットWiFi)として利用することです。

スマートフォンもポケットWiFiも、どちらもモバイル端末向けの回線を利用してインターネットに接続しています。ポケットwifiはそのモバイル回線をパソコンやタブレットなどの端末に繋ぐという役割を持っています。スマートフォンもモバイル端末向けの回線と接続されているので、パソコンやタブレットと繋がりさえすればポケットwifiとしての機能を持てるということです。

スマートフォンがパソコンやタブレットと繋がる方法は3つあります。3つの方法それぞれメリットとデメリットがあるのでご紹介します。

・wifiテザリング

スマートフォンと端末をwifi通信で接続するというものです。ポケットwifiと同様の接続の方法になります。通信速度はまずまずで、対応している端末が多いためあらゆる端末と接続することが可能です。デメリットとしてはテザリングしているスマートフォンの電池の消耗が速くなってしまいます。

・USBテザリング

スマートフォンと端末をUSBケーブルで繋ぐというものです。メリットは安定感。有線で接続しているため安定した接続ができます。デメリットは有線であるということ。使い勝手は悪くなります。スマートフォンの電池は接続中充電されるため減ることはありません。

・Bluetoothテザリング

スマートフォンと端末をBluetoothで接続するというものです。Bluetoothはwifiと同じく無線通信なのですが、wifiと違い近い距離での接続だけとなっています。メリットはスマートフォンの電池の持ちがwifiよりも長く省エネであること。そしてスマートフォンをwifiと接続しながらテザリングができるということです。wifiに接続しながらのテザリングのいいところはモバイル回線でのデータ通信が必要ないため通信制限の恐れがなくなるということです。デメリットは速度が遅いことです。Bluetoothテザリングは回線に関係なく1Mbpsほどの速度しか出ません。PCやゲーム機などとの接続には少し物足りないかもしれないです。

このように一口にテザリングといっても、その通信品質が端末や使用環境によって大幅に違ってくることは、知っておくとよいでしょう。

テザリングが向いている人

テザリングが向いている人は下記のような人です。

  • なるべく費用を抑えたい人
  • 外出時に持ち歩くものを増やしたくない人
  • テザリングが充電できる環境でできる人

また、通信量が多くなればスマートフォンが速度制限になることもあるため、どれだけ通信をするかも検討しましょう。

ポケットWiFiが向いている人

ポケットWiFiが向いているのは、次のような人です。

  • 外出先でも通信速度を気にする人
  • 移動中でもスマホを使うため、モバイルルーターの電源を分けたい人
  • ノートパソコンやタブレットなど、接続する機器が多い人

自分の使用状況や環境とあわせて考えてみましょう。

ポケットwifiとテザリングの通信速度の違い

WiFi・USB・Bluetooth、どのテザリング方式で接続するかによって微妙な差はありますが、いずれもポケットWiFiと比べると通信速度は遅くなります。

また、テザリングでもスマートフォンの通信容量のカウントは止まりません。あまり繋ぎすぎると速度制限がかかり、満足にネットサーフィンができなくなります。非常用として短時間使う分にはいいですが、テザリング機能を固定回線代わりに使うのは、現実的ではないでしょう。

ポケットWiFiとテザリングの比較ポイント

回線の通信速度

通信速度については、テザリングの接続方法によっても異なりますが、ポケットWiFiと比べるとテザリングのほうがやや遅くなります。ポケットWiFiはパケ詰まりがしにくいためです。あまりテザリングで繋ぎすぎると、速度制限がかかって、ネットサーフィンを快適に利用できなくなります。このことから、テザリングを固定回線のように使用するのは控えたほうがいいでしょう。

携帯性

携帯性においてはテザリングのほうが便利です。テザリングの場合、スマホだけを持ち歩けばよいためです。ポケットWiFiを利用する際には、別途持ち歩かないといけないので、荷物が増えることになります。ただし荷物が増えるといっても、ポケットWiFiはスマホより小さいです。カバンの中に入れてもかさばるというほどのものではありません。ただし、手ぶらというわけにはいかないでしょう。

バッテリーの寿命

テザリングはスマホのバッテリーの減りを非常に早くします。テザリングの場合、電波を受けるときに使用するパワーと、電波をパソコンなどに送り出すパワーが必要だからです。そのため、長時間利用する場合は予備バッテリーを持ち歩かなければなりません。予備バッテリーを持ち歩くとなると、ポケットWiFiを持ち歩くことと変わらない状態になるでしょう。また、充電をしながらテザリングを行うと、バッテリーの寿命もかなり早く短くなってしまうので注意が必要です。

月額料金

テザリングは月額料金がアップする可能性が高いといえます。パソコンによってサイズや容量が決まるため、スマホよりもパケットを消費しやすいのです。そのため、現在のパケ放題などのプランでは容量が不足し、さらに上のプランに変更する必要も出てきます。その結果、月額料金が上がってしまうことも。反対にポケットWiFiの場合、スマホのプランを下げることも可能になるため、月額料金もダウンする可能性が出てきます。

テザリング使用時の通信制限

テザリングの大きな注意点が通信制限です。テザリングをしているとパケット使用量が増加しやすく、速度制限にかかりやすくなります。なかには「毎月の5GB・7GB以外に、3日に1GBを超えると通信速度を遅くする」という制限が設けられることもあります。制限時の速度は128kbpsとしている会社が多いのですが、この速度ではサイトのホームページが開きづらく、動画を見ることも難しいです。通信制限にかかると、ネットやSNSの使用にストレスが発生してしまうため、避けたいところでしょう。

通信制限にかかりやすい理由としては、パソコンなどに繋ぐ場合、スマホ単体で使うよりも多くの容量を使用してしまうためです。スマホでテザリングをしてパソコンでネットに繋ぐと、すぐに上限に達してしまうでしょう。

テザリング使用時の追加料金

テザリング使用時の追加料金は、キャリアごとに異なります。それぞれの携帯キャリアの追加料金を表にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

ソフトバンク 不要 500円 加入プランのパケット以上 500MB550円or1GB1,000円で解除
ソフトバンクは申込み手続き不要。速度制限は、500MB550円もしくは1GB1,000円で解除。
au 必要 最大2年間無料 加入プランのパケット以上 500MB550円or1GB1,000円で解除
auは申込み手続きが必要。料金は最大2年間が無料で以降は500円/月。速度制限はソフトバンクと同じく500MB550円もしくは1GB1,000円で解除。
ドコモ 不要 無料 加入プランのパケット量上限 2GB2,625円
ドコモは手続き不要で、料金も無料。速度制限の解除は2GB2,625円から。

ポケットWiFiとテザリングの違い

短時間の通信利用なら「テザリング」

スマートフォンをポケットWiFiとして利用できるというのは確かに便利ですが、通信速度や容量制限なども考えると、テザリングは短時間の接続に限ったほうが良いと思います。

インターネットにあまり接続しないというなら別ですが、大抵の人は、固定回線やポケットWiFiでインターネットを楽しみ、それとは別にスマートフォンを使用しているはずです。それをスマートフォンの通信容量で一本化するのは、無理があるでしょう。

長時間の通信利用なら「ポケットWiFi」

スマートフォンの一機能であるテザリングとは違い、ポケットWiFiは電子端末をインターネットに接続するためだけに作られた製品です。そのため、コストパフォーマンスはもちろん、通信品質や使い勝手も洗練されています。

通信容量を気にせず、外で自由にインターネットを楽しむなら、テザリングよりもポケットWiFiの利用をおすすめします。

これで決まり!

通信制限無しのおすすめプラン3選

  • オンリーモバイル

     
    プラン名
    使い放題プラン
    月額料金
    3,900円
    契約期間
    3年
    月間制限
    無制限

    コメント

    3年契約のつなぎ放題プランです。料金はかなり安いですが、3日間の通信制限容量が2GBなので、動画など容量の大きいコンテンツを頻繁に閲覧する人は要注意。

    とはいえ上手に使えば、かなりコストパフォーマンスの高いプランといえます。

  • WiMAX

     
    プラン名
    UQ Flatツープラス
    ギガ放題
    月額料金
    4,380円
    契約期間
    2年
    月間制限
    無制限

    コメント

    2年契約の繋ぎ放題プランです。3日間の通信制限容量は3GB。同じプラン内容のほかのサービスと比べても、料金は平均的といえるでしょう。

    また、モバイル通信大手のUQコミュニケーションズが運営するだけに、サポート体制には定評があります。

  • オンリーモバイル

     
    プラン名
    PCセット
    使い放題プラン
    月額料金
    6,600円
    契約期間
    3年
    月間制限
    無制限

    コメント

    3年契約の繋ぎ放題プランです。ノートパソコンがセットとなっているため、回線を利用するほかのつなぎ放題プランと比べると料金が高くなっていますが、ワンストップでモバイルインターネット環境を手に入れることができます。