通信制限

自宅のネット回線として

固定回線より安いポケットwifiを自宅で活用

スマートフォンの通信容量では足りないものの、固定回線を契約するほどインターネットに接続するわけではない。そんな人におすすめなアイテムとして、ポケットWiFiが挙げられます。以下に、ポケットWiFiのメリットをまとめてみます。

費用的な面で優れるポケットWiFi

実用性が高く、低価格で始められるポケットWiFi

ポケットWiFiのメリットとして、まずあげられるのが、固定回線を引くよりも費用が安く済むという点です。

固定回線にはいくつか種類がありますが、NTTはもちろん、どの光コラボ業者と契約しても、月々およそ4,000円以上の料金が掛かります。また、そこにさらにプロバイダ料金も上乗せされることとなります。

一方ポケットWiFiは、月々3,000円台で契約できるプランが豊富にラインナップされており、ものによっては3,000円を切るプランも。もちろん通信品質については固定回線よりも劣りますが、それも技術の進歩に伴って年を追うごとに改善されつつあり、実用面で不便を感じない域には十分達しています。

固定回線との比較

具体的に、固定回線とポケットWiFiの料金を比較してみましょう。

まず、固定回線のNTTフレッツ光を利用する場合、東日本では戸建てで5,100円、集合住宅で約3,500~4,500円の月額料金です。西日本では戸建てで4,310円、集合住宅で約3,000~4,000円弱の月額料金。ここに、それぞれプロバイダ料金が最低でも500円加算される仕組みです。

さらにプラスされるのが、工事費。ほとんどの戸建て住宅では開通工事が必要となり、工事費に18,000円、契約料として800円が必要になります。すぐにインターネットを利用したい場合に、初期費用として18,800円もかかる固定回線は導入のハードルが高いといえるでしょう。また、回線工事では予約が必要になります。当日の立ち合いも求められるため、仕事などで忙しい方にとっては手間かもしれません。

次に、ポケットWiFiの利用料金をみていきます。固定回線と比較すると、明らかにポケットWiFiの月額料金はお得です。当然のことながら、戸建てか集合住宅で料金設定の違いはありません。たとえばC mobileであれば、月々3,000円程度でインターネットが楽しめます。平均して3,500~4,500円を切る月額料金は、固定回線の集合住宅月額料金を下回る設定です。

基本的にプロバイダ料金がかからない

また、固定回線では発生するプロバイダ料金も、ポケットWiFiではかかりません。固定回線の開通には、戸建ての場合に工事の立ち会いが必要ですが、ポケットWiFiではこちらも不要。迷うこともなく、費用を節約できるのがポケットWiFiの魅力といえるでしょう。申し込む会社によっては、初回から数ヶ月分の月額料金が無料サービスされるところもあります。選ぶプランによっては、月額料金3,000円を下回るプランもあるため、念入りに検討するのがお得です。

リーズナブルで品質も悪くない

料金がリーズナブルだからといって、品質を無視することはできないという意見もあるでしょう。以前と比べると、ポケットWiFiは飛躍的な進化を遂げています。通信速度では、数値上、固定回線におよばない部分があるかもしれません。しかし、実際の使用感としては、固定回線とポケットWiFiでストレスを感じるほどの違いがないというのが実際のところです。自宅ではあまりネットに接続しないという人もいますから、外出先でも自宅でも使いたいときに自由に接続できるポケットWiFiを選ぶ方は多くなってきています。

自宅だけでなく、屋外でも利用可能

ポケットWiFiのメリットとしてもう1つ挙げられるのが、無線であること。

固定回線であっても、モバイルルーターにLANケーブルを接続することで、家の中だけなら無線通信環境を実現することができます。しかし、それを外部に持ち出すことはできません。

一方、ポケットWiFiであれば、手のひらサイズの端末を携帯するだけで、電波の届く範囲ならばいつでもどこでもインターネットに接続することができます。

固定回線のように工事も不要であり、申込み後に端末が届いたら、すぐに利用を始めることが可能です。引越しをする際にも、面倒な手続きはなく、ポケットWiFiを次の住居へ持っていくだけで済みます。

自由に通信環境を携帯できるという手軽さは、ポケットWiFiならではのメリットといえるでしょう。

気になる通信速度は…?

一般的に、ネットサーフィンや動画の閲覧等、基本的なネット利用であれば、実測で5Mbps程度の速度があれば不自由なく過ごすことが可能とされています。この速度は、ポケットWiFiでも十分に可能な範囲。インターネットに繋がりさえすれば、ストレスなくさまざまなコンテンツを楽しむことができるでしょう。

ただ注意したいのが、ポケットWiFiのプランによっては月間のデータ通信量に制限があるということ。とくにポケットWiFiを固定回線の代わりとして使う場合、家族の人数が多いとあっという間に通信制限が掛かってしまいます。

家庭でポケットWiFiを使おうと考えているなら、多少料金は上乗せされても、通信容量が無制限の繋ぎ放題プランを契約されることをおすすめします。

自宅が主な場合はエリア確認が大切

ポケットWiFiより固定回線を選びたいと考える人に多いのが、自宅で電波をキャッチできるかどうかの心配です。ポケットWiFiは、提供会社の電波エリア内に入っていなければインターネットに接続することはできません。現在では多くの提供会社がほぼ全国にまたがって電波エリアを拡大しているものの、なかには電波エリアから漏れている、電波が入りにくいエリアにいるというケースもあります。契約前には提供会社からも電波エリアの確認をしてくれると思いますが、あらかじめ自分でもチェックしておくことが大切。これは、電波エリア内に指定された地域でも、ときによって電波状況が悪くなることがあるからです。

電波エリア内にいるはずなのに接続状況が悪くなるという場合は、提供会社を変更してみるのも一案です。これにより、急に接続状況が改善されることもあるため、試してみる価値はあります。不具合が起こったら、自宅の周辺の屋外やお店などで接続にトライしてみてください。何の問題もなく接続できれば、自宅の環境だけが何らかの障害にはばまれている可能性があります。ポケットWiFiの提供会社の中には、電波状況を確認するためにトライアルで機器をレンタルしてくれるサービスもあるため、検討してみても良いでしょう。

一人暮らしならポケットWiFiで十分

インターネットは自宅でしか使用しないから固定回線にする、と決めている人もいるようです。実は、自宅でしかインターネットを接続しないからポケットWiFiで十分というケースもあります。固定回線とポケットWiFiを比較するとき、忘れてならないのはインターネットの使用量。あまりインターネットを使用しない場合は、固定回線のほうが割高になることもあります。また、引越しをするたびに違約金が発生したり、工事に立ち会う必要があったりといったデメリットもあることも覚えておきましょう。

自宅で仕事にインターネットを使用するというわけでもない限り、自宅でネットに接続する時間は限られるはず。まずは、普段どのくらい自宅でネットに接続しているかを考えてみましょう。使用量が少ない場合は、料金をお得に抑えられる可能性があります。もちろん、自宅で動画を見るのが好きな方の場合は、使用制限のないプランを選ぶのがお得です。使用量の違いによって、お得なプランを自由に選択できるのもポケットWiFiの魅力。スペースがあまりないお部屋に住んでいるときなど、固定回線ではモバイル機器やケーブルが邪魔になることもあります。その点、ポケットWiFiならスッキリとネット接続できるため、インテリアにこだわっている方にもおすすめです。

通信制限をカバーするならこのプラン

  • C mobile

     
    プラン名
    使い放題プラン
    月額料金
    3,600円
    契約期間
    3年
    月間制限
    無制限

    コメント

    ドコモの高速回線Xiを、無制限に使えるプランです。固定回線よりも安い料金で、快適なネット環境を手に入れることが可能。契約期間は長めですが、大手の信頼できる回線だけに、将来的にも十分な実用性が見込めます。