通信制限

出張や旅行等の一時利用

ポケットwifiのレンタルで出張や旅行でもモバイルインターネット環境を確保

出張や旅行などで一時的にインターネット環境が必要なとき、検討したいのがポケットWiFiのレンタルサービス。長期契約と比べると、日割りの料金は割高ですが、質の高い通信環境を手間なく手に入れることができます。

出張先でのインターネット、どうしますか?

ポケットWiFiで通信環境を確保

ポケットWiFiを使わない場合、国内・国外に関わらず、出張先でのインターネット利用にはさまざまな制限があります。ホテルなどの宿泊施設には大抵インターネット環境も完備されていますが、いざ外に出てしまうと、マンガ喫茶やWiFiスポットを渡り歩かない限り、ネットへの接続ができません。

スマートフォンのテザリング機能を使えば、ノートパソコンやタブレットなどの通信端末をインターネットに接続することはできます。しかし通信品質は悪いですし、スマートフォンのデータ通信容量も食いつぶしてしまいます。

その点、ポケットWiFiさえあれば、電波の届く範囲ならいつでもどこでも自由にインターネットに接続することが可能。データのやり取りを緊急で行わなければならない場合や、とっさの調べ物など、ビジネスチャンスを逃さない環境が整えられるというわけです。

海外出張でも役立つ

海外出張に行かれる方は、海外でもインターネットがきちんと使えるかどうかが気になるところでしょう。海外でインターネットを使う手段としては、海外パケット定額、フリーWiFiの使用、海外WiFiレンタルの3種類が代表的です。ただし、海外パケット定額は1日あたりの料金が高いために、利用する人は少ないでしょう。選択肢としては、フリーWiFiか海外WiFiレンタルがおすすめです。

海外でWiFiを使う人では、海外WiFiレンタルとフリーWiFiを併用する人もいます。これは、海外WiFiレンタルには通信量に制限があるためでしょう。フリーWiFiは使える場所が限られていますが無制限で利用できるため、使い分けることで海外WiFiレンタルの通信量を節約できます。

海外でポケットWiFiを使うときの注意点

ポケットWiFiは海外でも利用できますが、注意点がいくつかあります。

・事前に申し込みをする
もっとも大切なのは、事前に申し込みをすること。プロバイダにもよりますが、当日申し込みできるところは少ないです。レンタルショップは空港内にもありますが、現地に対応した機種があるとは限りません。
その国に対応した機種でないとポケットWiFiは使えないため、事前に調べて申し込みをしておきましょう。

・使い放題ではない
海外で利用できるWiFiは使い放題ではありません。いざというときに使えないのでは困ってしまいますから、利用量に注意しましょう。

・容量がかかるものは使わない
海外で利用できるWiFiには通信量が決められています。国内と同じように動画を視聴していたり、インターネットを使い続けたりしてしまうと、すぐに上限に達してしまうでしょう。海外出張などで利用するときは、できるだけ容量を使うものは控えるようにしましょう。どうしてもデータをダウンロードする必要がある場合は、フリーWiFiを使うことをおすすめします。

・通話しない場合は機内モードにする
こちらはスマホの設定ですが、通話をしない場合は機内モードにしておきましょう。これは、スマホの高額請求を防ぐためです。スマホは使っていないときでもデータ通信を行っています。その際、ポケットWiFiと接続していれば問題ないのですが、現地の回線とつながると料金が発生してしまうのです。ポケットWiFiでネットだけを利用する場合は、機内モードにしておくよう注意してみてください。

旅行先でも大活躍のポケットWiFi

旅行に行く場合にも、ポケットWiFiがあることでさまざまなメリットが得られます。例えば大量の写真や動画など、大容量のデータをSNSやLINEなどで共有する場合、容量制限を気にすることなくデータ通信を行うことができます。

また、移動中などにノートパソコンを使ってさまざまな調べ物ができれば、旅行の楽しさも倍増するはず。例えば、旅先の地域ならではの食べ物や隠れた名所、豆知識などの情報を仕入れたり、ほかに興味を引く事や物などがあった場合にとっさに検索することで、より深い知識や感慨が得られる可能性もあります。

いずれにせよ、モバイルインターネット環境を手に入れることで得られるメリットは小さくないことでしょう。

海外では必須レベル!意外と知らない国外ネット事情

国内だけでなく、国外でもポケットWiFiは力を発揮します。海外でも、ホテルのラウンジや一部の駅などでは、無料の無線LAN環境が整えられているところもあります。しかし、よほどの先進国でない限りは、インターネット環境が整備されているケースは少ないと言えるでしょう。

また、海外からインターネットに接続した場合、日本国内で公開されているホームページやウェブサービスなどの一部が利用できないケースがあります。というのも、サーバーの負担を軽減したり、セキュリティーを高めたりする目的で、海外からのアクセスを制限していることがあるため。

もし、海外でも国内と同じ感覚でインターネットに接続したいなら、海外専用のポケットWiFiレンタルサービスを利用されることをおすすめします。

フリーWiFiには注意が必要

フリーWiFiの種類

WiFiレンタルでは通信容量に制限があるため、フリーWiFiの利用を考えている人も多いでしょう。フリーWiFiは現在日本のざまざまなところで利用できますし、海外にもWiFiスポットがたくさんあります。しかしながら、フリーWiFiならどこを利用しても良いというわけではありません。

たとえば、コンビニやカフェなど発信源がしっかりしているものは良いのですが、発信源がわからないものは危険です。使っても安全なものと、そうではないものがあるため注意しましょう。

フリーWiFiが危険な理由

発信源がわからないフリーWiFiが危険な理由としては、セキュリティの低さがあります。たとえば、そのWiFiを利用して個人情報が必要なサイトを見たり、入力したりすると、その個人情報が流出してしまうことがあるのです。悪質な場合はそれを盗まれて悪用されることもあるため、出所のわからないWiFiを使うことは控えましょう。

海外ではより注意が必要

海外のフリーWiFiは国内以上に危険と言われています。そのため、できる限りフリーWiFiには接続しないほうが無難です。接続しただけでウイルスに感染するケースもあるため、ネットを使いたい場合はWiFiレンタルを利用することをおすすめします。

レンタル料金を出し渋ったために個人情報を抜かれてしまえば後悔してもしきれません。フリーWiFiは便利ですが、こうした危険性についても覚えておきましょう。

一時利用ならレンタルプランがおすすめ

  • WiFiレンタルどっとこむ

     
    プラン名
    なし
    月額料金
    ※docomo E5383 5GBの場合

     

    1日のみ:1,500円/1日

     

    1ヶ月利用の場合:160円/1日

     

    30泊31日の場合:4,980円
    月間制限
    5GB

    コメント

    1日からでも手軽に利用できるポケットWiFiのレンタルプランです。月間制限が5GBであるため、動画やゲームなどの用途には向きませんが、ビジネス利用であるなら十分なパフォーマンスを発揮してくれることでしょう。

長期契約の方がお得な場合もある

ポケットWiFiのレンタルは便利ですが、単純に日割りで考えると、長期契約よりも割高な料金設定がされています。そのため、例えば毎月のように出張に出かけるなど、レンタルの利用頻度が高くなる恐れがある人は、むしろ長期契約を利用した方が安くなるというケースも考えられます。

ひと口にポケットWiFiといっても、サービス品質を重視したものから低料金化を重視したものまでさまざまなプランが存在します。しっかり見比べて、自身のケースに最適な選択を検討されてみてください。