用途と目的の違い

ポケットWiFiと格安SIMの用途と目的

なにがどう違う?ポケットWiFiと格安SIM

ポケットWiFiと格安SIM。電子機器を無線でインターネットに繋げる、という機能は同じですが、その用途や目的にはそれぞれ違いがあります。以下に概要をまとめてみましたので、基本的な知識を踏まえた上で、状況に応じて使い分けてみてください。

用途 ポケットWiFi

外出先で腰を据えてインターネットを使うために

ビジネスでは、外回りの営業や出張などの際にインターネットを通してさまざまな作業(メールや資料のやり取り、調べ物など)をするために使われるポケットWiFi。一方、プライベートでは、ちょっとした外出や旅行などの際にインターネット上の便利なコンテンツを利用するためにも用いられます。

つまりポケットWiFiは、ノートPCやタブレットなどを使って、比較的長く、頻繁にインターネット接続したいときに適しているわけです。

用途 格安SIM

格安で手軽にインターネットを使うために

格安SIMは、スマートフォンやタブレット、ポケットWiFiなど、手持ちの(または別途購入した)電子端末をインターネットに接続するために用いられるICカードです。厳密にはポケットWiFiとは違う領域のサービスですが、通常のキャリアと契約するのに比べ、低い料金でインターネット環境を整えることができます。

ただ、料金が安い分、通信品質もそれなりであり、ポケットWiFiに挿してがっつりインターネットをする、という用途より、スマートフォンの料金を抑えるという用途で使われるケースが多いです。

目的 ポケットWiFi

自由度の高さが主な目的

ポケットWiFiを利用する主な目的は、自由度の高さにあるといえるでしょう。回線速度は固定回線にはまだ及びませんが、それでも最近のポケットWiFiは、ストレスなく動画を楽しめるほどの通信品質を持っているものがほとんどです。

端末さえ持っていれば、家でも外でも、自由にインターネットに接続することが可能。工事や煩わしい配線などもなく、引っ越しの際もポケットWiFiの端末とその周辺機器を持っていくだけで済みます。

目的 格安SIM

料金の安さが主な目的

格安SIMを利用する主な目的は、料金の安さにあるといえます。特にキャリアで契約しているスマートフォンを格安SIMに切り替えると、月額料金を大幅に減らすことができます。ポケットWiFiで格安SIMを使うときは、スマートフォンほど劇的なコスト削減は見込めませんが、それでもある程度は料金を抑えることができるでしょう。

利用するにはちょっとした知識が必要ですが、通信料金を抑えたいなら、手間を掛ける価値は十分にあると思います。

ポケットWiFiと格安SIMどちらを選ぶべきか

インターネットの利用状況に応じた選択を

ポケットWiFiと格安SIMは、それぞれ目的と用途が違うため、個人個人のインターネットの利用状況によって最適な選択肢が変わってきます。

ただ、現状の格安SIMのプランは、スマートフォン向けに作られているものが多く見受けられます。繋ぎ放題のプランを提供しているところもありますが、ポケットWiFiほど充実してはいません。

それほど頻繁にインターネットに接続しないのであれば、格安SIMを利用する方がメリットは大きいですが、動画のような容量の大きなウェブコンテンツを楽しみたいなら、ポケットWiFiを選択した方が無難と言えるでしょう。