性能差はどう?スペックで比較

格安SIMとポケットWiFiのスペックの違い

見逃し厳禁!通信品質で比べるポケットWiFiと格安SIM

スマートフォンの速度制限対策として、ポケットWiFiを携帯するか、別途通信用のスマートフォンを格安SIMで利用するか、という2つの選択肢考えられます。ここでは、ポケットWiFiを使った場合と格安SIMスマホを使った場合、どちらのスペックが高いかを検証してみたいと思います。

スペック ポケットWiFi

固定回線に匹敵?ポケットWiFiの通信品質

ポケットWiFiは、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンといった電子機器を、無線でインターネットに接続するために開発されたものです。データ通信に使われる回線もスマートフォンと同じ(WiMAX除く)であるため、スマートフォンでインターネットに接続するのと何ら変わらない使用感で、ウェブコンテンツを楽しむことができます。

もしWiMAXのポケットWiFiを利用する場合、スマートフォンとは別の回線を使うことになりますが、そもそもWiMAX回線はモバイル用のインターネット回線なので、通信品質についてとくに心配する必要はないでしょう。

契約する業者によって差はありますが、どの業者と契約するにせよ、ストレスなくインターネットを楽しめるくらいのパフォーマンスは十分期待できるはずです。

スペック 格安SIM

安いのにサクサク?格安SIMの通信品質

格安SIMの通信品質についてですが、こちらはポケットWiFiよりも契約する業者ごとの差が大きくなるケースが多いとされています。また、時間帯や場所など使う状況によっても、繋がりやすさにムラがある様子。

格安SIMで使われる回線はキャリアから格安SIM業者に貸し出されているものですが、その際の契約内容や設備の違いが、通信品質の差となって表れているようです。

ちなみに利用者から好評を得ているのは、au系ではUQmobileやmineo。ドコモ系ではフリーテルや楽天モバイルといったサービス。

業者によって差はありますが、ある程度評判の良いところさえ選べれば、格安SIMでもキャリア契約のスマートフォンとほぼ変わらない使用感でインターネットを楽しめるはずです。

安定性の高いポケットWiFiがおすすめ

格安SIMよりポケットWiFiがおすすめな理由

通信品質を重視したいなら、格安SIMよりもポケットWiFiをおすすめします。

ポケットWiFiも格安SIMも、業者によって通信品質に差があるため、一概にどちらがいい、といい切ることはできません。しかし現状では、ポケットWiFiの方が格安SIMよりも豊富に情報が出回っています。回線と使用端末の組み合わせが少ない分、口コミ評判などから実際に自身の端末で接続した場合の通信品質を判断することも容易です。もちろん実際の通信品質についても、固定回線の代わりとして使う人もいるほどストレスのないインターネット環境を提供しています。

単純に料金だけを見るなら格安SIMの方が安上がりで済むケースが多いと思います。しかしコストパフォーマンスを考えるなら、断然ポケットWiFiを選択した方が割が良いでしょう。